曽根富美子先生の「親なるもの断崖」は漫画家協会賞優秀賞を受賞した名作コミックです。

“曽根富美子先生の「親なるもの断崖」は漫画家協会賞優秀賞を受賞した名作コミックです。
北海道室蘭の幕西遊郭に、松恵・武子・梅・道子というまだあどけない10代の少女たちが売られてくる場面から始まります。彼女たちを連れてきた業者の男が、道中、荒くれる北の海を示して「死にたくなったらここに来なさい」と語りかけます。それがポロチケウ(親である断崖)とポンチケウ(子供である断崖)です。その光景を見た松恵・武子・梅・道子は、これから自分たちが歩む険しい人生を予感するかのような、複雑な表情をそれぞれ浮かべています。
「親なるもの断崖」はもちろんフィクションですが、北海道室蘭の幕西遊郭は実在していました。松恵・武子・梅・道子のような暗く悲しい生活を余儀なくされた女性たちが、当時はたくさんいたのも現実です。漫画家協会賞優秀賞を受賞した「親なるもの断崖」は、平成の世を生きる私たちに、日本の貧しく暗かった時代の歴史を決して忘れてはいけないと、語りかけています。”
http://www.totustuusrosary.com/”>親なるもの断崖(曽根富美子)電子コミック漫画



★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ